子どもアイデア楽工(こどもあいであがっこう)は三重県桑名市の廃校(旧多度西小学校)を活用して子どものキャリア支援を行います

ひみつ基地であそぼう

ひみつ基地フィールドでダイナミックにあそぼう!

多度西キャンパス敷地内にある “ひみつ基地” には、子どもたちが自分たちで建てたログキャビン(小屋)や、自分たちでショベルカーを操縦して掘った池、火おこし体験をする竈(かまど)があります。ツリーハウスやフィールドアスレチック遊具などの大規模なモノづくりをしたり、池でのザリガニ釣りや水生昆虫採集、木登りもできます。竈で火をおこしてBBQや鍋料理もしています。

子どもアイデア楽工のひみつ基地は、大人が整えるのではなく、子どもたちの考えたアイデアを尊重して一緒に作り上げています。講師陣には、1級建築士や林業・材木業・木工業など “木のプロ” が揃っており、アイデアを具現化する上での安全性や必要な技術を提供しています。

子どもたちはこのフィールドでの様々なモノづくりや遊びの創出により、冒険心や協調性、積極性が芽生えてきます。夏休みサマースクールのメインフィールドです。


【実施場所】
 子どもアイデア楽工 多度西キャンパス(敷地内)
【実施曜日】
 土曜日または日曜日(不定期)
【対 象】
 小学1年生~ ※中学生可


ログキャビンをつくろう
kichi-cabin33-2

kichi-cabin22-2


ひみつ基地フィールドの池でザリガニ釣り
kichi-fishing11
木をノコギリで切り、斧で割ります
kichi-noko11

kichi-makiwari11
マッチを擦って火をおこし、焼いたり煮たりします
kichi-yakiyaki11


ひみつ基地の変遷

2015年

2015年夏。 ひみつ基地フィールドには何もありませんでした。

木登りをしたり、木に竹やロープでつくったハシゴを掛けたりして遊ぶフィールドでした。
池は、この年にショベルカー体験しながら掘りました。




2016年

2016年夏。 ログキャビンを建てはじめました。

サマースクール期間では、屋根や床を張ったり、扉をつけるところまではいけませんでした。



2016年秋。 屋根・床を張り、扉をつけてニスを塗り、ログキャビンは完成ました。


2017年

2017年春。 ログキャビンの屋根と、横の木をつなぐ橋をかけました。

木を登り橋を渡ってログキャビンの屋根に上がれるようになりました。



2017年春。 ログキャビンと横の木を繋ぐ橋は、枝の股に橋桁を噛ませてロープで固定しています。

生きている木にボルトを挿すなど、木を傷つけることはしていません。同様の方法で、木の上にデッキもつくりました。



2017年夏。 ログキャビンの横に “薪小屋(まきごや)” を追加しました。



2017年夏。 ログキャビン横の木のデッキを、反対側(池側)に伸ばして広くしました。



2017年夏。 ひみつ基地フィールド内の別の木にデッキをつくりました。



2017年夏。 ひみつ基地フィールド内のさらに別の木で、ツリーハウスづくりスタート。

もちろん、木にやさしい工法です。



2017年秋。 ログキャビンと木を渡した橋に “滑り棒” を設置しました。

子どもたちのアイデアで、竹の表面を削ってつくりました。



2017年秋。 ツリーハウスの2階から降りるための “滑り棒” を設置しました。

大人は怖くて降りられないのに、子どもたちはスルスルと楽しそうに降りていきます。


2018年

2018年春。 ツリーハウスからウッドデッキへの空中回廊が完成しました。



2018年春。 ツリーハウスが3階層となり、砦みたいになってきました。



2018年春。 ログキャビン内に棚をつくりました。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0594-87-7639 受付時間 10:00〜17:00(火曜日定休)

  • メールでお問い合わせはこちら
子どもアイデア楽工ボランティア募集
サポーターズクラブ参加申込み
子どもアイデア楽工YouTubeチャンネル
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.