子どもアイデア楽工(こどもあいであがっこう)は三重県桑名市の廃校(旧多度西小学校)を活用して子どものキャリア支援を行います

アイデア工作教室

【2018年度新設】毎週の継続カリキュラムでさまざまな工作をします


廃材や家庭で簡単に手に入る材料で動作するものを工作する “動く工作”、モノにきっかけとなるスイッチ動作を加えると次々に連鎖運動してく “ピタゴラ装置” など、機構の学びとなる様々な工作をするカリキュラムです。
多度西校で実施している工作系カリキュラムを鈴鹿校用に再構成して行います。毎週の継続カリキュラムですので、規模の大きなモノや仕組みの難しいモノなど、工作を楽しみながら、より深い学びとなります。



低学年 (1年, 2年生) - 2018年度 上半期 - 
4月  工作の基本 (ハサミ、カッター、金槌、ノコギリの使い方)
5月  動く工作 (パックン魚釣りゲームをつくろう)
6月  ピタゴラ装置 (ドミノ倒し、階段、発射装置)
7月  動く工作 (マンパワーUFOキャッチャーゲームをつくろう)
8月  ※休講※
9月  ピタゴラ装置 (10連結ピタゴラ装置をつうろう)
10月  動く工作 (ロボットハンドをつくろう)

高学年 (3年生~) - 2018年度 上半期 - 
4月  動く工作 (マンパワーUFOキャッチャーゲームをつくろう)
5月  電動動く工作 (足回りをつうろう~電動サッカーゲームをつくろう)
6月  ピタゴラ装置 (階段、発射装置、3連結)
7月  動く工作/電動動く工作 (フォークリフトをつくろう
8月  ※休講※
9月  ピタゴラ装置 (ピタゴラ装置とは何ぞや?)
10月  動く工作 (ビッグモンスターゲームをつくろう)

※カリキュラム内容は変更となる場合があります


動く工作!(うごくこうさく)

牛乳パック、トイレットペーパー芯、竹ひご、たこ糸など、廃材や家庭で簡単に手に入る材料で工作をします。単に姿を模倣するのではなく、動く仕組みを加わえることで機構(メカニズム)の基礎を学びます。さらに作ったもので競う遊びを行いゲーム性も持たせています。

電動動く工作(でんどう うごくこうさく)

電動モーターやギヤを使ってリモコン操作する工作をするのが「電動動く工作」です。はじめにシャシー(ベース)部分をつくります。これはショベルカーで言うところのキャタピラー部分です。次に、シャシーの上に載せる動作部分をつくります。これはショベルカーのアーム部分になります。牛乳パックなどの廃材を使って動作部分をつくります。
動く工作! / 電動動く工作の詳細は こちら>>

ピタゴラ装置

NHKで人気の教育番組「ピタゴラスイッチ」。身近にあるモノにきっかけとなるスイッチ動作を加えると、次々に動作がはじまり、新たなスイッチを入れながら連鎖運動していきます。ユニット毎に異なる運動ですので機構が学べます。
ピタゴラ装置の詳細は こちら>>

kocho1講師: 山上 敏樹(コウチョウ)

コウチョウが担当します






【実施場所】
 子どもアイデア楽工 鈴鹿キャンパス
【実施曜日】
 木曜日コース
【対 象】
 ・低学年(小学1年, 2年)
 ・高学年(小学3年~ 中学生可)


お気軽にお問い合わせください。 TEL 0594-87-7639 受付時間 10:00〜17:00(火曜日定休)

  • メールでお問い合わせはこちら
子どもアイデア楽工ボランティア募集
サポーターズクラブ参加申込み
子どもアイデア楽工YouTubeチャンネル
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.