子どもアイデア楽工(こどもあいであがっこう)は三重県桑名市の廃校(旧多度西小学校)を活用して子どものキャリア支援を行います

子どもアイデア楽工の理念

子どもアイデア楽工の基本理念

少子高齢化、経済成長の低迷、雇用問題、無縁社会、政治不信、など挙げればきりがないほどの不安を抱える現代日本。これからの未来、資源のない日本で安心して幸せに暮らす社会を目指すには、モノづくりと人材育成しか考えられません。しかし、それらの人材は単に「勉強の出来る賢い子ども」ではなく、「気づく心としなやかな感性を育む子ども」でなければならないと考えています。

そのためには、かつての日本のように三間(時間・空間・仲間)が必要であり、子どもは愛情に包まれた暖かい家族の中で育つことが大切です。母親の役割、父親の役割、祖父母の役割などを明確にして家族全員で子育てに参画することが肝要です。

さらに、地域社会と協力し、文化の継承とやりがい・生きがいを感じる地元シルバーの皆様と協調することで、「遊びながら学ぶ」子ども育成プログラムを策定し、子どものために「気づく心」を育てていきます。

生涯幼稚園を目指して

未来を創りだす研究所MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボのミッチェル・レズニック教授は、「子どもたちは、まずあれこれと頭で考え、作り、そして遊びます。作ったものを、ほかの子どもたちと共有して、またそこで考える。そうしたサイクルの中で多くのことを学びます。それをあらゆる世代に応用することが生涯幼稚園だ」と言っています。

子どもアイデア楽工(がっこう)のプログラムは、見る、聞く、試すことにより五感を刺激します。そして、自ら考え、工夫し、仲間と協力して、最後までやり遂げた達成感を得るプログラム。まさに生涯幼稚園なのです。

ソウゾウリョクが欠ける先回り・詰め込み型の教育(=ないものねだり)ではなく、創意工夫を最大限に活用する教育(=あるものみがき)を実践することにより、「気づく心としなやかな感性を育む子ども」に導いていきます。

現代の松下村塾を目指して

幕末の教育者である吉田松陰が携わった教育機関に松下村塾と明倫館があります。しかし、明倫館からは一人も幕末の志士が生まれなかった。それはなぜなのか。

松下村塾は、来る者は拒まず去る者は追わずで士庶の別を問わず入塾を許したため、その半数は貧しい家の子で足軽・農民・僧侶・商人と身分はさまざまでした。一方で明倫館は身分の高い藩士の子弟、長州藩の藩校でした。

つまり、松下村塾は志を持った子どもが自発的に集い、明倫館は親のレールに乗せられた子どもが有無を言わさず通わされていたことになります。

松下村塾では一人一人の個性を生かすために、本人の気づかない長所を発見し、その長所を褒めることによって自信を持たせ、向上させるように導いていったそうです。まさに吉田松陰はeducate(教育する)というよりも、educe(引き出す、喚起)するコーチングスキルで塾生に接していたことになります。

子どもアイデア楽工は、過去を教えるだけの明倫館ではなく、未来に対する立志を促す現代の松下村塾をめざしていきます。

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0594-87-7639 受付時間 10:00〜17:00(火曜日定休)

  • メールでお問い合わせはこちら
子どもアイデア楽工ボランティア募集
サポーターズクラブ参加申込み
子どもアイデア楽工YouTubeチャンネル
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.