子どもアイデア楽工(こどもあいであがっこう)は三重県桑名市の廃校(旧多度西小学校)を活用して子どものキャリア支援を行います

プログラミング講座 基礎/応用

「スクラッチ」を使ってゲームをつくり、ロボット制御をしよう

201704programming1
プログラミング講座は、技術の習得はもちろん、論理的な思考や順序立てて問題を解決能力を養う講座です。 プログラミング教育は、2020年から小学校で必修化されることで関心が高まっていますが、パソコンでのソフト操作を覚えるだけを意味しているのではありません。どうしたら思い通りに動くのかを論理的に思考して、的確なプログラムを組む。そうすることで論理的思考が身につき、思い通りに動いた時の達成感が得られる、これこそがプログラミング教育の主題です。

子どもアイデア楽工のプログラミング講座は、プログラミングの基本を1年目前期(初級課程・基礎)で学び、後期(初級課程・応用)では覚えたプログラミングを自在に操れるように応用することを学びます。2年目(中級課程)は、前期に理解を深めるプログラミングの応用を学び、後期はレゴ・マインドストームを使ってロボット制御を学びます。3年目以降(上級課程)は、自分が学びたいものを選択して、より深めていきます。

プログラミング講座は、桑名駅前校の水曜日コースで実施しています。ソウゾウリョクUP講座との週ごとの交互開催となり、ソウゾウリョクUP講座で想像力(イマジネーション)を養い、イメージした構想をプログラミング講座で具現化します。

初級課程 (1年目)

前期(基礎) プログラミング講座は、パソコンでのプログラミングの基礎を学ぶ『初級課程 基礎』を前期課程(4月~10月まで ※夏休み期間を除く)で行います。テキストに沿って実際にプログラミングして操作方法や動作を学びます。

1)スクラッチの基本的な操作
2)音を鳴らして輪唱してみよう
3)多角形と星形図形
4)車窓シミュレーター
5)繰り返し模様
6)ねこジャンプ!
7)ピンポンゲーム
8)シューティングゲーム 1
9)シューティングゲーム 2

後期(応用) 前期課程(基礎)修了後に、習得した技術を応用して自在にプログラムが組めるように技術を深めるのが『初級課程 応用』で、後期課程(11月~翌年3月)で行います。講師が出す課題をプログラミングで再現するトレーニングや、簡単な自分オリジナルの動画やゲームづくりを行います。

programming_scratch1

中級課程 (2年目)

2年目は応用を更に深めることに加え、ロボット制御を学びます。前期課程ではスクラッチを駆使してより複雑な完全オリジナルゲームをつくります。物語を考え、それをプログラミングして完成させます。後期課程では、ロボット制御のプログラミングを行います。レゴ社のマインドストーム(MINDSTORMS)を用いて、ロボットを組み立て、プログラミングして動かす(制御する)ことを学びます。

– 前期 (スクラッチを使ったプログラミング) –
1)状態とは 1 「判断(IF)文」
2)状態とは 2 「繰り返し(FOR)」
3)迷路ゲーム 1 ゲームの発展
4)迷路ゲーム 2 ゲームの発展。要素追加
5)クイズゲーム 1 オリジナルゲームづくり
6)クイズゲーム 2 オリジナルゲームづくり
7)オリジナルゲーム 1 イメージ、キャラクター設定、ストーリーボード作成
8)オリジナルゲーム 2 プログラミング
9)オリジナルゲーム 3 プログラミング。成果発表

– 後期 (マインドストームを使ったロボット・プログラミング) –
1)まずはやってみよう 「マインドストームとは?(組み立てて動かしてみる)」
2)ロボットを動かす仕組み 「ロボットを動かす手順(プログラミング、コンパイル)」
3)スイッチのふるまい 「スイッチで動作を変えるには?(イベントと状態)」
4)モーターのふるまい 「モーターを制御しよう(正・逆回転、加減速、位置制御)」
5)ミニリモコンカーをつくろう 「プログラミングしてリモコンカーをつくろう」
6)センサーの利用 「いろいろなセンサーを使おう(センサーのフィードバック制御)」
7)ギアの利用 「ギアを使って動きを変えよう(力の伝達、ギア比、回転・往復運動)」
8)ミニロボットをつくろう 1 「かんたんなロボットをつくろう(テーマ:遊園地)」
9)ミニロボットをつくろう 2 「ロボットを制作、プログラミング」
10)ミニロボットをつくろう 3 「ロボットを制作、プログラミング」
11)ミニロボットをつくろう 4 「ロボットを制作、プログラミング(最終発表)」

※進行状況などにより内容やスケジュールが変更となる場合があります

※他の教室でプログラミングを習っていたことがある場合はご相談ください。実力診断した上で中級課程への編入となる場合があります。自在にプログラミングできるかが判定基準となります


上級課程 (3年目~)

3年目以降は、完全オリジナルな作品づくりとなり、何をするかは自分で選択します。スクラッチを使って複雑な動画やゲームを作ったり、マインドストームでロボットを作ったり、更に専門的にプログラミングを学びたい場合は、C言語やVB(Visual Basic)などのプログラミング言語を学ぶこともできます。

プログラミングソフト「スクラッチ」はMIT(米国マサチューセッツ・工科大学)で開発された小学生にも使える教育用プログラミング環境です。
LEGO「マインドストーム(MINDSTORMS)」はMIT(米国マサチューセッツ・工科大学)とLEGO社が共同開発した教育用ロボットキットです。



くわなIT推進クラブ_和田靖広講師: 和田 靖広 (わだ先生)

1968年生まれ
くわなIT推進クラブ(KITPC) 代表

ソフトウェアエンジニアとして、システム開発会社、パソコン入力装置販売会社を経て、フリーに。その後、桑名市内でパソコン講師を務めたことがきっかけで一般・企業向けのIT系講師を中心に活動、現在に至る。桑名市におけるIT普及のための市民団体「くわなIT推進クラブ」代表。

くわなIT推進クラブのホームページは こちら>>


【実施場所】
 子どもアイデア楽工 桑名駅前キャンパス
【実施曜日】
 水曜日コース ※ソウゾウリョクUP講座と交互開催
【対 象】
 小学3年生~ ※中学生可
【持ち物】
 USBメモリー(500MB以下でOK) ※自分でつくったプログラムデータを格納します
【パソコン】
 ガッコウで用意しています。自宅のパソコン持参も可能です。
 ※持参パソコンはWindows(10、8、8.1、7)、Mac/無線LAN機能の備わったもの


201704programming2

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0594-87-7639 受付時間 10:00〜17:00(火曜日定休)

  • メールでお問い合わせはこちら
子どもアイデア楽工ボランティア募集
サポーターズクラブ参加申込み
子どもアイデア楽工YouTubeチャンネル
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.